· 

臨床美術1day体験レッスン

臨床美術とは、絵やオブジェなどの作品を楽しみながら作ることによって脳を活性化させ、高齢化の介護予防や認知症の予防・症状改善、働く人のストレス緩和、子どもの感性教育などに効果が期待できる芸術療法(アートセラピー)。


はじまりは1996年、医師、美術家、ファミリーケア・アドバイザーがチームとなって実践研究がスタートされました。元々は高齢者向けに開発された手法ですが、子どもの美術教育や情操教育としても注目され、現在では発達が気になる子どもへのケア、小学校の特別授業、社会人向けのメンタルヘルスケアなど多方面で取り入れられています。

 

コーディネーター 寒河江清子

臨床美術士

 

 ASK(アルコール問題全国市民協会)の冊子イラストレーター、障害者自立生活センター職員、沖縄離島の高校で美術講師を経て、放課後デイサービスARTBOONに勤務。就労に向けたパソコンでのアート活動、臨床美術で感性を伸ばし、広げていく造形美術のアート活動、ソーシャルスキルトレーニング、ライフスキルトレーニングを行う。

こんにちは。臨床美術士の寒河江清子です。
臨床美術は、簡単で、楽しくて、誰もが楽しめるハッピーなアートです。
今回は「カタチのないもの」を、皆さんと楽しく表現したいと思います。
まず、目に見えないものを、五感を使って感じてみましょう!
さてさて、どんなハッピーアートに出会えるかな?
ご参加お待ちしております! 

日時
2022年7月17日(日)

13:00-15:00

 

申込締切 7月10日(日)

 

参加費 

専用🖍オイルパステル🗒画材すべて込み 手ぶらでどうぞ♪

一般 3,500円
会員 3,000円

 

会場 スタジオ悠

 

 


スタジオ悠での参加を基本としておりますが、定員に余裕がある場合、リモートでも若干名受付ます。

リモート参加希望の場合は、7/1〜7/10までにお申し込みください。

画材のご案内をします。