· 

レターカウンセリング体験講座☆大人のためのメール&レター記述療法

ポストに「郵便」「支え」「居場所」という意味を込めた思春期相談室ティーンズポスト。

 

そのレターカウンセリングという独自の手法は、相談者が自分の気持ちを文字にしてすくいとり、自分とおしゃべりすることで、心の傷を手当てし、自分自身をとり戻し、自立を獲得していく“書く自己回復プログラム”です。

 

インターネットやメールへとメディア環境が変わっても、文字を介するコミュニケーションだけでなく、日々の暮らしのセルフケアにも生かされます。

 

手紙で言えた! 手紙で癒えた!

登場するのは、中学生女子、高校生男子、ミドル、シニア…4人の相談者。
その1人のレター相談に向き合いながら、私の心の言葉を記していきます。

あなたと私は別々の存在、環境も考え方も別々だ。

だけど、あなたの悩みと、私の悩みは、ちょっと似ている。

別々なのに、カブるし、かさなる。 

だから、あなたの悩みと私の悩みを、一緒に考え合う。

書くことは、体験を経験におさめること。

書くことで、感じたことを認め、自分を見出す、内なる力を取り戻します。

それぞれの日常で活かせる「書くセルフケア」を通じ、対等な自立のサポートと実践的なメンタルヘルスケアを体験的に学ぶプログラムです。

 
スクーリングのご希望も多く、通学と通信を併用します。

3回の連続講座と2回の通信ワークを通じて、まずは、あなた自身の《こころ》をやさしくケアすることからはじめましょう。
ご希望により、全過程通信での対応をいたします。

 

2019年2月12日(火)申込締切

 

*教育・福祉・自助・市民活動の担い手

*介護・子育て中の方

*書くセルフケアを学びたい方

*レターカウンセラーを目指す方

//////////セッション1講義&実習

2019年2月16日13:00-15:00(通信過程はCD教材発送)

自分の“きもち”を受けとめよう!

①メンタルヘルス・こころとからだの健康

②書く“自己回復のプロセス”

③思春期のこころの風景

 

//////////通信セッション1回目

自分のスタイルで手紙を

書いてみよう

(提出日 3/5締切)

 

//////////セッション2 講義&実習

2019年3月16日13:00-15:00(通信課程はCD教材発送) 

相手の“きもち”を受けとめよう!

①感情学 エモーショナルリテラシー

②感情の“受容”と“拒絶”

③4タイプのリプライ

 

//////////通信セッシ5ョン2回目

レターカウンセリング

返事(リプライ)を書いてみよう

(提出日 4/5)

 

//////////セッション3 講義&実習

2019年4月13日13:00-15:00(通信過程はCD教材発送)

レターカウンセリングとは?

①支援者のセルフケア 機能する自他境界

②自立的問題解決のサポート、そして共感へ

③記述表現自己回復プログラムのガイドライン

ご希望あれば、全過程【通信プログラム】スクーリングをCD録音と通信教材でやりとりする、全5回の通信ワークで行います。遠方にお住いの方、ご自宅で学びたい方に最適です。
詳しくは事務局までお問い合わせください。

 

 

●会場 町田スタジオ悠>>>map

 

●受講料28,500円  定員6名 先着順

 

●コーディネーター 八巻香織 >>>プロフィール

 

八巻香織ブログ「手紙で言えた! 手紙で癒えた! レターカウンセリングは書く自己回復プログラム」2015.2.5付