· 

レターカウンセリング体験講座☆メール&レター書くセルフヘルプ

自宅で学ぶ、自宅で書くセルフケア

ポストに「郵便」「支え」「居場所」という意味を込めた思春期相談室ティーンズポスト。

 

レターカウンセリングという独自の手法は、相談者が自分の気持ちを文字にしてすくいとり、自分とおしゃべりすることで、心の傷を手当てし、自分自身をとり戻し、自立を獲得していく“書く自己回復プログラム”です。

 

電子メール・SNSとメディア環境が変わるなか、文字(レター)を介するコミュニケーションは変わりなく新しい。

あふれる情報に心がヘタりそうになる時も、感情に振り回されない自分の気持ちを書くことで対処すれば、日々の暮らしのセルフケアとして生かせます。

 

第一
スクーリング

毎月20日

自分の“気もち”に向き合う

①こころの健康とは

②書く“自己回復のプロセス”

③思春期のこころの風景

 通信ワーク✏️

 

提出締切20日後

自分のスタイルで手紙を書いてみよう 

*到着後、お一人ひとりに寄り添う記述ワークで手書きコメントをつけて返送します

第二回
スクーリング

翌月20日

相手の“気もち”に向き合う

①エモーショナルリテラシー

②気もちの“受容”と“拒絶”

③4タイプのリプライ

通信ワーク2✏️

 

提出締切20日後

レターカウンセリングで返事(リプライ)を書いてみよう
*到着後、お一人ひとりに寄り添う記述ワークで手書きコメントをつけて返送します

第三回
スクーリング
翌々月20日

レターカウンセリングというセルフヘルプ

①支援者のセルフケア 

②自立的問題解決のサポート

③ガイドライン


対象
*教育・福祉・医療など支援職

*自助グループ・市民活動のコーディネーター 

*介護・子育て中の方

*書くセルフケアを学びたい方

*レターカウンセラーを目指す方

 

郵便コース、オンラインコース受付中 毎月20日スタートできます

 

●受講料 29,500円(教材、通信指導込み)

 

●講師、通信指導 八巻香織 >>>プロフィール

  

💿通信プログラムについて

全過程【通信プログラム】スクーリング録音と通信教材でやりとりする、全5回の通信ワークは、遠方にお住いの方、やむをえない事情で在宅での受講を希望する方限定です。*スクーリング録音は、受講者のプライバシーを配慮し、講師の声のみとなります。これまでも、北海道、沖縄からの参加もあり、丁寧なマンツーマン指導のために、できる限り通学していただき、対面で受講していただくことをお願いいたします。
詳しくは事務局までお問い合わせください。

Withnews 
「出さなくてもいい手紙」書いてみたら、相手忘れて夢中の30分 レターカウンセリングという向き合い方」
>>>>こちら

1/4(土) 7:00配信