· 

10月号: I can ask for help.

私は助けを求めることができる!

 

ところで、あれから周りの人との関係にはどんな変化があったかな?

からだつきが変わった、髪型が変わった、着ている服が変わった、表情が変わった……、いろんな変化があるね。

ひとりひとりに変化があれば、その人との関係も変わる。それはとても自然なこと。変化は成長!

友だちや家族の人に少しずつ変わっていく自分を認めてほしいと思うかも。

変化を認めようとしないと、過去ににしがみついたり、相手を★コントロールしようとして、関係がギクシャクするかも。

自分のムリは相手のムリだからね。

ひとりひとりがムリをして、ムリをしていないと仲良くなれないと思い込んでる集団は、誰かひとりの考えだけが強くなったり、誰かひとりを★無視したりして、息苦しい関係になるんだ。

 

それが続くと「いじめモード」が登場する。

「いじめモード」は、みんなが苦しいことをガマンしている場所が大好きなんだ。
NOを認め合うことでお互いがムリをしない、ひとりひとりの違いがそのまま認められる場所には「いじめモード」はけっしてあらわれない。

友だちとの関係が重苦しくなってきたときには、自分がどんなムリをしているか、チェックしてみてね。
 
★コントロール
制御すること。管理。球技では、ボールをねらいどおりのところに投げたり、蹴ったりできる能力。

★無視
存在するものの価値や意義を認めないこと。ないがしろにすること。


📧10月のメール ★断ると絶交される件

 

私が入っているグループのリーダー的存在のAさんは、ちょっとわがままで、私やほかの友だちがAさんに何かを頼まれて断ると、すぐに「絶交!もう知らない!」と言います。

私はそれがイヤで、ほかのグループへいっています。

でもいつもAさんたちににらまれているようで、学校へ行きたくありません。

どうしたらいいの?     (PN さっちゃん)


🐾リプです!  fromクロイヌ相談所


PNさっちゃんの学校にはいくつかのグループができているんだね。
気の合う友だちと一緒に過ごせたら、毎日がとても楽しいね。

だけど、みんなで仲良くするということは、いつもみんなで同じことをするわけではない。

みんな同じになるために、ひとりひとりが気持ちを抑えていると、誰かひとりの意見が強くなったり、それにしたがってNOと言えない人が増えてきて、ますます「みんな同じであること」に縛られていくことでしょう。

NOと言うことは相手を拒絶することではないし、関係を切ることでもない。
NOと言うことで、無理のないないほどよい距離を作れます。

安心できる関係をつくるときに欠かせないこと。

 

さっちゃんは、いつもどんなふうに相手に伝えているかな?

気もちを伝えるレッスン

 ↑ ↑ ↑ ↑

キレてる? タメてる? コモってる? チェックしてみてね。

 

ムリなときにはムリと認めていいし、イヤなときにはイヤと認めていいんだよ。
そして、なにがムリで、なにがイヤなのか?
自分の気持ちに味方をすることで、お互いが安心できる距離が生まれるよ。

近づきたいときには近づくこともできる。

気持ちのキャッチボールを練習していこう。


📱お助け書き込みフォーム

🌀こじれた関係をほどいてながめる🌀

ピカピカあなたは、その友だちのどんなところが好きでしたか?

ピカピカあなたは、自分のどんなところが好きですか?

ピカピカその友だちとの関係で、つらいのはどんなときですか?


あしあと黒そのとき、あなたはどんなムリをしましたか?

あしあと黒あなたが言葉に出さなかった気持ちを、ここに言葉にして書いてみましょう。


ウェブ書き込みフォーム >>>こちらから
↑スマホやパソコンでカキコんで、メアドを入力すると、自分の気持ちが整理されて、アドバイスと一緒に届きます。カキコんだとこは自分にしかわからない安全安心システム。イライラ、ムカムカ、モヤモヤしてつらい時に、活用してね。
音声入力もオススメ!


月刊 TEENSPOWER
クロイヌ相談所のメルマガです。

LINE公式より毎月配信しています。
クロイヌRADIOや気もちがラクになるお役立ち情報をお届け中。
世代を問わず、ゆる〜くアクセスしてクロ

ともだち登録はこちらから