Q.首肩に違和感が

今年、高校生になって、肩や首に違和感を感じるようになりました。😖

これが、肩こりなのかな。

もう、二ヶ月くらい続いてます。😓

 

肩こりなんて、おばあちゃんみたいで、はずかしくて、人にも言えないですよね。

 

たぶん、家族に話しても、「若いくせに」とか「なさけない」とか言われてしまいそう。💦

 

とにかく、この肩こりがひどくてこまっています。なんとかならないかな。😢

 

♪* ・ 、 . * ♪ * ・ 、 . *


RE:からだのメッセージに耳を澄ませて

💕からだってね、いつも傷みやだるさや違和感や、いろんなメッセージを出しているよね。

 

だけど、「肩こり」というイメージが、ダメージなんだね。

●おばあちゃんみたいで、はずかしい💀

●「若いくせに」とか「なさけない」とか言われてしまいそう💀

 

ふむふむ…となると、身体のメッセージをそのまま認めることができなくてつらいよね。

 

「子どもらしさ」「若者らしさ」なんていう思い込みが認めることを邪魔しているようだね。

実際には、子どもだって、大人だって、人間ですからね。

痛いものは痛いし、苦しいものは苦しいんです。

 

身体の症状は言葉ではないけれど、確かに何かを伝えるメッセージです。

ときには、言葉にならないものを身体が表現してくれます。

身体って、すごいです!🌟 

 

米国のセラピストのルイーズ・ヘイという人が「Heal Your Body」(身体を癒す)という本の中で、身体の症状別に、そのメッセージとケアする言葉を書いています。

この人は自分の病気をきっかけに身体のメッセージを言葉にしていく研究をしたらしいの。

 

例えば・・・

●肩こり【考えを変えない頑固さ】…💕私はいろんな視点から物事を見ることができる。

●ニキビ【自己嫌悪・小さな怒りの爆発】…💕私は自分を愛し受け入れる。

●頭痛【自己否定・恐れ】…💕私は安全である。

 

生まれて初めて「肩こり」を感じたあなたも、これをきっかけに自分の身体のメッセージを聴き取る練習をはじめてみませんか。

 

原因探ししたり、症状だけを取り去ることを考えるよりも、まずは身体のメッセージに耳を傾けて、身体がなにを伝えようとしているのか、聴き取ってみてください。

それに対して、どういういたわりの言葉を自分にかけてあげると効果的か。

それを自分で探るというのは、とっても面白い研究です。🎵

その専門家はあなた自身です。

 

そうやって自分自身とゆたかに対話することは、他人とゆたかに対話することにつながっていくし、これからあなたがステキなオトナになるためにとっても役に立つよ。✌