💞法人概要

特定非営利活動法人TEENSPOSTについて

  • TEENSPOSTのガイドライン
  • これまでの助成団体
  • TEENSPOSTの歩み


  • 法人定款>>>こちら
  • メディアでの紹介>>>こちら
  • 支援・応援する>>>こちら
  • 公告 貸借対照表>>>こちら

✏️ガイドライン

1. TEENSPOSTは、子どもの視点から次代を見据え、子どもの支援としての家族・コミュニティの支援を行う。

2. TEENSPOSTは、子どもの意見表明権と最善の利益を尊重し、子どもの可能性を信じて見守る家族とコミュニティのために継続的な学びの場づくりと情報提供を行う。

3. TEENSPOSTは、子ども・若者が自立のプロセスを歩むために欠かせない“暴力を用いないコミュニケーションと安全な居場所づくり”を支援する。

4. TEENSPOSTは、仮に家族やコミュニティが機能しないときには、子どもにとって必要なものを補完しあえる社会サポートの創意工夫に努める。

5. TEENSPOSTは、人が支えあう力、寄り添う力、分かち合う力をつなぐことで、「問題があってもOKな文化」を創造する社会モデルを目指す。

代表理事 八巻香織
「次代の声に耳を澄ませながら、必要なものを学びあい、分かちあい、次代とともに心から求める世界を共に創っていきたい」

 

TEENSPOSTを1992年開設以来、代表を務める。
思春期・家族カウンセラー。年齢性別をこえた心の健康とコミュニケーションづくりの各種プログラムを企画運営。精神保健福祉センター相談員、男女共同参画センター、著書多数>>>>詳しくみる

🍀子どもの権利擁護、精神保健の普及と啓発

子どもの権利擁護のための大人の精神保健と非暴力コミュニケーションに基づく平和な社会にむけて、世界各地の支援者と学びあい交流します。


🍀十代の自立サポート

レターカウンセリング思春期相談事業、ネット上での情報発信。全国各地の小中高校、専門学校、大学へ思春期プログラムの出前。子ども支援者のサポートをします。


🍀メンタルヘルス地域福祉サービス

東京都福祉保健財団の助成を受け、家族と子ども・若者に必要なセルフケア&学びほぐしの場として「スタジオ悠」を運営しています。


🍀情報啓発サービス・出版・出前/講演/研修

心の健康、機能的コミュニケーション、多文化共生コミュニティづくりのために、出版物を企画。全国各地の教育・医療・福祉・市民活動の現場へ出張します。


✏️次の団体から助成支援をいただきました

リーバイス・ファイザー製薬・フェリシモ・エイボン・社会福祉医療事業団・東京都地域福祉財団・東京都共同募金会・国際青少年育成財団・朝日新聞厚生文化事業団・メンタルヘルス岡本財団・キリン福祉財団・朝日生命財団・TBSカンガルー募金・安田生命財団・第百生命・社会福祉事業研究開発基金・生活クラブ生協草の根活動基金・東京女性財団・神奈川ともしび財団・横河福祉グループ・主婦の友財団・昭和池田記念財団・アサヒビール未成年飲酒予防基金・独立行政法人福祉医療機構・ドコモモバイルファンデーション(順不同)

✏️これまでの歩み

●1992年●

 子ども・若者・女性の心のケアと各種相談、学習会、出版を企画運営する民間非営利事業としてスタート。

 

●1993年●

 レターカウンセリング事業・思春期相談室「ティーンズポスト」開設。

 

●1994年●

 賛助会員を募り相談事業を拡充。「レターカウンセリング体験講座」レターカウンセラーの養成プログラム第一期開講。いじめ問題を超える「アサーティブ講座」をはじめ大人のプログラムに着手。

 

●1995年●

事務局を東京都町田市に移転し、事務局体制の基盤整備。阪神大震災の被災地ボランティアの呼びかけで「レターカウンセリング体験講座」を京都で開講。以降、沖縄、大阪でも開講。社会教育で評判の高かった「家族講座」が人気の定番プログラムとなる。

 

●1996年●

 新聞、テレビ・ラジオなどマスメディアの取材が続き、相談数急増。『子どもの世間』(斎藤茂男=編、小学館=刊)に「レターカウンセリングにみる子ども像」所収。

 

●1997年●

 フリースペース「スタジオ悠」オープン。年齢・性別を超えた「心の居場所」づくりに着手。共同通信より「ティーンズポスト開設五周年」の記事が全国地方紙に配信される。朝日新聞社説・5月5日子どもの日「普通っていいこと?」に取り上げられる。ヤングアダルト世代の自助グループNOT ALONE CLUB誕生。

 

●1998年●

 『ひとりでできる こころの手あて』(ビクターブックス)『手紙でしか言えなかった』(新水社)を出版。東京都地域福祉財団より「傷ついた家族と子ども・若者のメンタルケア事業」について、精神保健地域福祉「自立生活プログラム」としての継続的支援決定。

 

●1999年●

 「スタジオ悠」3年目を迎え現在地に移転。「いじめ・虐待で受けた心の傷のケア」に関する研究助成を受ける。この一年の手紙相談数1300通、スタジオ悠利用者のべ1000名を超える。

 

●2000年●

 タイ東北部へ第一回自立ツアー実施。「子どもの権利擁護のための精神保健啓発事業」を全国展開。公式ホームページ開設。

 

●2001年●

 依存症家族の子どもプログラムに着手。米国ティーンズ記者来訪。朝日新聞「ティーンズメール」連載開始。自助ミーティングが増え、ピアサポート育成を拡充。

 

●2002年●

 DVや依存症に傷つく家族の「子どもケアプログラム」を編成。「こじれない人間関係のおけいこ」「みんな子どもだった」をビクターブックスより出版。携帯サイト開設、毎日更新でアクセス数急増。米国ミネソタ州で70年の歴史を持つ精神保健NPО「ヘイゼルデン」にてスタッフ研修。

 

●2003年●

 「子どもプログラム」を全国各地の教育・医療・福祉現場で公開。絵本「ファジーのきもち」出版。小学六年生「なんでも相談室」連載によりローティーンに向けたサービスに着手。「アルコール家族の子どもケアプログラム」が社会福祉医療事業団より優良事業として選出される。米国ミネソタ州「ヘイゼルデン」をはじめ女性と子どもの自立回復施設にてスタッフ研修。

 

●2004年●

 教育・医療・福祉現場の子ども援助者が自己信頼を回復し、質の高いサービスを提供するために「子ども援助者エンパワメント事業」を展開。東南アジアの子ども教育支援の現場や米国アリゾナ州の回復コミュニティ「アミティ」にてスタッフ研修。

 

●2005年●

 エモーショナルリテラシー啓発のためのアニメ「クロちゃんと内宇宙の旅」完成。会員から生まれたゴスペルグループ「TINGOS!」が各地で歌とメッセージを披露し、歌うピアサポート・ムーブメントを展開。十代の依存症予防キャンペーン「Let’s Talk about Alcoholism !」をスタート。タイ山岳民族の子どもたちを描いた映画「デック 子どもたちは海を見る」の日本版制作に協力。

 

●2006年●

 「こじれない人間関係のレッスン」刊行。「子どもと大人のための非暴力プログラム啓発事業」のためタイ、ミャンマー、フィリピン、米国を視察。非暴力プログラムを編成し、全国各地で公開。SPA(SaferPeaceful Action)プログラムと命名する。その年度の特に優れた事業として優良事業に選ばれる。

 

●2007年●

 女性のための非暴力SPAプログラムに着手。「ティーンズの依存症予防啓発事業」で大阪、沖縄石垣島・宮古島の中学・高校をめぐる。

 

●2008年●

 「自分の気持ちスッキリ伝える練習帳」刊行。「ティーンのための非暴力ピアプログラム事業」を通じ、海外NPОの実践を学ぶため、米国オークランド・メンズ・プロジェクト、フィリピン教育演劇協会をまねき、のべ10日間の国内研修を行なう。翻訳指導書「メーキングザピース」「十代のための暴力から自由になる10ステップ」「非暴力ピアプログラム」の三部作刊行。出前プログラムを北海道、中部、関西、中国、沖縄、全国24会場4000名に届ける。

 

●2009年●

 携帯サイトのリニューアルと広報活動を含む「心の携帯保健室キャンペーン」を行う。フィリピン教育演劇協会の協力を得て「暴力に傷ついた女性のための自己表現ワークショップ」を行う。各地の学校へのアウトリーチを行うため「SPA基金」を創設、チャリティービーズを販売する「ビーズプロジェクト」の資金 で遠隔地の小中高校へ出前プログラムを行った。

 

●2010年●

 「ボーイズ&ガールズトゥゲザー自立支援事業」を展開し、思春期の暴力予防をジェンダーの視点から取り組み、連続講座、フィリピン教育演劇協会と恊働、全国各地の小・中・高校への出前と共に、支援者対象の研修会を開催。江の島にて支援者のセルフケア宿泊ワークショップを開催。

 

●2011年●

 翻訳「Boys will be men」テキスト「リアルとトルースの物語」他三冊刊行。東日本大震災のボランティア育成講座をはじめ、被災地からの来談者・ボランティアへのサポート、 チャリティライブ、被災地ティーンズ支援キャンペーンなどの後方支援をスタート。311による被災ストレスケアを含む改訂版「スッキリ気持ち伝えるレッスン帳」刊行。20周年記念感謝ライブを開催。

 

●2012年●

 とちき ゙男女参画センターにて子ども支援者のための「非暴力SPAプログラム2days」開講。アフリカ、中米、南米から来日中の母子保健支援職のコミュニケーションとセルフケア研修を4グループ担当。 伊達赤十字病院での北海道支援者研修が10回目を迎え、先住民権利擁護NPOの協力を得て、アイヌの聖地で宿泊研修を開催。全国から若手支援者も集う。被災地支援者グループの研修をフィリピン教育演劇協会と恊働で開催。

 

●2013年●

 ホームページ開設10年目のリニューアル。沖縄看護協会JICA事業で来日中のアフリカ、中南米の母子保健支援職のための視察研修を社会福祉法人コメット、仏教NGО勝楽寺の協力を得て、開催。北海道支援者研修は11年目を迎え、先住民族アイヌの権利擁護の史跡バチラー記念堂を訪ね非暴力SPAワークショップを開催。上映会「逃げ遅れる人々 東日本大震災と障害者」開催。

 

●2014年●

 首都圏のユース勤労者のためのメンタルヘルス研修にて若手職員のセルフケアとコミュニケーションの出前を行う。沖縄石垣島、沖縄本島南部の小学校にて自己信頼に基づく自己表現アサーティブネスの出前授業を行う。楽しいゴハン&美味しいトーク「ピアガーデン」を毎月開催。音楽・演劇ライブ「夜楽校」を年2回開催。

 

2015年●

ひきこもりの子ども・若者と暮らす家族のためのCRAFTプログラム、母娘関係の講座企画、子どもの遊び場でのアサーティブ・トレーニング開催、近隣の大学の地域活動研究のヒアリング協力、嘱託相談員、専門委員など、足元の地域活動に参画。

 

2016年●

元相談者として10代より関わった2人がレターカウンセラー養成課程を修了し、レターカウンセラーとして思春期相談事業に加わる。10代向けミニコミパンフを発行し、各地で広報活動に活かす。沖縄慰霊の日(6月)、児童虐待予防月間(11月)に出前プログラムを運ぶ。映画会「風は生きよという」を障害者当事者団体と共催。

 

2017年●

TEENSPOST25周年&スタジオ悠20周年記念ティーチイン「手紙のチカラ」開催。思春期事業はメール相談を本格的に始動し、相談数激増。小学校の出前では、高学年に加え3年生からの依頼を受ける。サポーターの専門性と経験から学び合う「ミドルから始めるシニア自立生活ラボ」スタート。