こじれない人間関係のレッスン

ティーンのためのアサーティブ・トレーニング

コミュニケーションはダンスのステップみたい。
自分だけがツライと思うときも、いつもと同じステップで同じダンスを踊っている。
相手を変えることはできなくても、自分が新しいステップを踏むと、ダンスは変わるんだ。

まずは、こじれる関係あるある3つのステップからチェックしてみよう。


キレるステップ

ギャオス

言い分を「あなたメッセージ」で一方的にぶつける攻撃ステップ。
コミュニケーションを《勝ち負け》 《主張が通れば成功》と考えるため、常にファイティングポーズ満々だが、言い分が通らないとやさぐれる。

 

その結果・・・

上下関係のパワーゲームとなり、関係を壊すことになる。

 

 

タメるステップ

オドオド

相手より下に立ち、相手の様子を伺い、自分の気持ちをおさえて、相手次第で相手に従う受身ステップ。

意見の違いでぶつかりそうになると波風立てないように回避する。

その結果・・・

相手に服従する関係になったり、相手から誤解を受けたり、信頼関係が結べない。

 

 

コモるステップ

ムッツリ

表面的にはソフトだが、常に自分は正しいところに立って、 穏やかなトーンの 「あなたメッセージ」で相手に罪悪感を抱かせ、思い通りにコントロール しようとする受身的攻撃ステップ。

 

その結果・・・

表面的には波風は立たなくても、お互いをコントロールし合う息苦しい緊張感が漂う。

 

 


この3つのステップ、

どんなとき、誰に対して、どんな場面で使ったかな?

 

あとで、どんな気分になった?

その相手とは、どんな関係になった?

 

 

↑これを認めると、いままでとちがう新しいステップでやりなおせるんだよ!認めたことは変えられるんだ!


 

 

4番目のステップは「アサーティブ(Assertive)」
相手を思い通りにしようとしたり、相手の思い通りになろうとしたり、相手次第になるのではなく、自分の気持ちにしたがって、シンプルに自分の気持ちを表現し、相手の気持ちに耳を傾け、折り合っていくステップ。

しなやかステップ

アサーティブ

自分のと相手の気持ちに耳を澄ませ、お互いの気持ちを正直に、オープンに伝え合えるステップ。

コミュニケーションは勝ち負けじゃない。

自分の気持、相手の気持ち、折り合いながら、新しいコミュニケーションのダンスを踊る。

キレるステップで自分の気持ちをぶつけたと認めたら、

タメる ステップで気持ちを飲み込んでいると認めたら、

コモるステップで相手をコントロールしていると認めたら、

 

I feel、I am、I want、I need
自分を主語にする「I(アイ)メッセージ」で、

素直に自分の気持ちを表現してみよう。

 

そして、相手の気持ちを聴いてみる。 

 

新しいダンスのはじまり。
Let's Dance!


コミュニケーションは、ガマン比べじゃない、コントロールバトルでもない。
勝ち負けをこえた、自分を好きになるアサーティブなダンスを踊ろう♪

『7days アサーティブネス こじれない人間関係のレッスン』

さらに学びたいときには、図書館にもある、この一冊を!

『7days アサーティブネス こじれない人間関係のレッスン』

八巻香織=著 Reina=イラスト

太郎次郎社エディタス=刊

 

コミュニケーションはむずかしい 

そう思えるなら、あなたはもうすでにアサーティブへの道を歩いています。

「むずかしい」は「できない」ではありません。

この本は、そのむずかしいことをわかりやすく、楽しく努力していくために、感じて、考えて、行動するテキストです。

 

7days レッスン

第1日 こじれない人間関係

第2日 感情という友だち

第3日 気持ちを認める

第4日 頼むこと 第5日 NOということ

第6日 気持ちを伝える

第7日 気持ちを受け取る