怒りは、《こうしたい》《こうしてほしい》欲求をあらわす感情
「腹が立つ」「頭にきた」と、からだの言葉で表現することもある。

強いエネルギーをもつ感情。

 

暴力に傷ついた経験から怒りを恐れる人は多いが、怒りは暴力ではない。

ねじれたり、タメすぎてバクハツするときに生まれる「不健康な怒り」は暴力に変わることがある。

 外に向けばキレて、誰かを傷つける。

内に向けば自分を責めたり、いじめたり、自分を傷つける。

 

健康な怒りは、生まれたばかりの赤ちゃんの泣き声。誰も傷つけない。

成長とともに、健康な怒りを一人称のアサーティブな表現にしていくことで精神は自立する。

この感情を感じて認めることで、怒りのエネルギーは、安全で建設的な関係を成長させることができる。

この世の不正に対して、怒りで世界を平和にした人はたくさんいる。

思い浮かべてみよう。

その人の怒りが暴力にならなかったのは、なぜだろう?

ほかにも感情はいろいろあるよ>>>12枚の感情タロット