· 

家族ケア講座

2020年6月以降の開催形態につきまして
感染予防のために、ひと月ごとに決定し、詳細決まり次第、
会員の皆様へメルマガでお知らせしています。
間際のご案内になることもありますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

私からラクになる! 家族関係がラクになる!

家族のこと、自分自身のことを、安心して荷下ろししつつ、やさしく手あてすることで、本来の自分を取り戻しましょう。


子どもの自立、親との関係、パートナーシップ…現在直面している問題をきっかけに、変化への希望を見つけましょう。

★家族ケア講座 第四火曜 10:30-12:30 

家族の支援は、子どもの支援
子どもたちは問題解決するコミュニケーションを必要としている。「逃げろ」「助けを求めよ」「手助けせよ」「すべての答えを持てなくていい」…いろんな言葉で人間らしくあることを励ますことが大人や親にはできる

Boys will be men
勇気と思いやりとコミュニティの家族学

家族の中の男らしさ、祖父、父、兄、弟、夫、息子、孫息子・・・米国西海岸で若者たち、特に男性による男性の暴力予防を行ってきたポール・キベル氏のテキスト「Boys will be men」の翻訳テキストを使い、いま家族で起きていることの構造を見つめ、新しい関係性を学びほぐします。

 

ツキイチ連続で開講中! いつからでも参加OK!
連続参加とともに、スポット参加でトライアルやフォローアップもお気軽に。

夏のクラス 申込三日前締切


7/28 文化的価値の継承
8/25 自分のケアをすること
9/29 家族をつくる情緒的交流
 (9月のみ連休にあたるため、第5週にスライドします)


第4火曜 10:30-12:30

 

コーディネーター 八巻香織

 

TEENSPOST代表

年齢性別をこえた心の健康とコミュニケーションづくり四半世紀。精神保健福祉センター、男女共同参画センターで、わかりやすく、楽しく、講座を担当。著書多数>>>詳しく見る

子どもも大人も、家族とは、自分自身でいられる安全な場所でありたい。

 

スタジオ悠の「家族プログラム」は、1995年、横浜市の市民大学講座から生まれ、その後、近隣の保健所、精神保健福祉センターで、さまざまな問題に揺れる家族をサポートしてきました。

 

親子の自立、親の介護、パートナーシップ、これからのライフスタイル…世代をこえて、お1人ひとりのお話を伺いながら、それぞれの求める道を、仲間と共に見いだし、問題解決への勇気と希望を得ていきます。

 

事前申し込み制(開催3日前まで)とします。
順延・中止の場合は、個別にご連絡していきます。
状況をみながら、来所とオンラインでお受けしています。

 

●参加費(1回) 3,000円 
夏のクラス3回連続 6,000円

来所かオンラインか希望をおしらせください。(状況により、オンライン講座になることもあります)

前日に空席ある場合に限り、非会員のビジター参加(プラス1,000円)をお受けします。

 

★悠youメンバーズ(年会費3,000円/入会金0円) 詳細はコチラ

火曜日、木曜日の会員制自助ミーティングもあります。その他、会員優待あり。

 

 

●会場 町田スタジオ悠>>>map

 


緊急性のある問題や、長引く問題を整理して新たな一歩を見いだすための個人セッションはこちら

 

随時お受けしています。